新着情報

国税庁平成29年分の路線価等を公表

 7月3日国税庁は、全国の路線価を公表しました。
全国平均は2年連続での上昇、全国一の路線価は、東京銀座の鳩居堂前で、1㎡あたり4032万円とバブル期の3650万円を25年ぶりに更新したとニュースでお聞きなった方も多いのではないでしょうか。
 ちなみに、九州での最高は、渡辺通り2丁目(ソラリアステージ前)で、昨年から12.5%上昇し1㎡あたり630万円で、4年連続の上昇とあるようです。一方で都道府県別では32県が下落するなど、二極化が進行しているようです。
 路線価は、相続税や贈与税の基準となる指標で、時価の8割を目安に算定してるものです。評価額が上昇する一方、平成27年の相続税法改正で、基礎控除額が下がったことにより、相続税の対象となるケースが増えています。相続財産からマイナスできる基礎控除額が、改正前は、5000万円+1000万円×法定相続人の数、であったのが、改正後には、3000万円+600万円×法定相続人の数、となっています。
 今まで相続税なんて無縁と思っていた場合でも、いつの間にか対象になっていたということも考えられます。いざという時に慌てないためにも、気になる場合には弊事務所に一度ご相談ください。
(担当:坂元広隆)



福岡で顧問税理士をお探しなら・・・

http://www.rikimaru-cpa.com/

福岡市中央区天神4丁目6-7天神クリスタルビル4階
092-791-3815
力丸公認会計士事務所
公認会計士・税理士 力丸 宣康